国際協力

【スタディツアーでカンボジアに行こう】ツアーで何を学ぶの?私の体験談をご紹介。

大学1年生の時にカンボジアのスタディツアーに参加しました。

今回はその感想を書きます。

 

カンボジア・スタディツアーでの気づき

 

「貧しい」って何だろう

カンボジアの小学校に行ってからすごく感じたのは大きな違和感。

私は昔フィリピンでストリートチルドレンに出会い、それからずっと国際協力に興味をもってきました。

だから今回のカンボジアのスタディツアーでも私がカンボジアの子供たちに何かしてあげたい!って思っていました。(今考えるとこの考え方は反省ものです。)

そんな「援助しよう!」という気持ちで行った私がカンボジアで見たものは、

私よりもはるかに楽しそうな子供たちの笑顔と、街の人の日常でした。

あれ、なにこれ。なんでみんなこんなに豊かな表情をしているの?

これが正直な感想です。援助なんて押しつけがましい考え方だったと反省しました。

私よりも豊かな顔でいる人たちに私がなんの援助をできるのでしょう?

私が学んだのは自分が勝手に考えていた「援助してあげたい」上からの目線の考え方の未熟さでした。

そのときにはじめて「貧しい」ってなんだろうと思いました。

正直カンボジアの人たちより私のこころの方が貧しく感じてしまったのです。

カンボジアの人たちは、お金とかはそんなになくて、経済的には日本の方が進んでいるけれど、限られたものの中で楽しく心豊かな生活をしていました。また、農業の国でもあるので、作物もたくさんあってそこにも余裕を感じられました。

だから経済的にそこまで発展していないからといって「貧しい」と考えた自分の心を反省しました。

 

カンボジアのご飯おいしすぎなんですけど・・・!

大きな発見でした。大きな学びでした。

湖も近くにあるし農業も盛んなのでカンボジアにはたくさんの食材がありました。

またベトナムなどとも隣接しているのでライスヌードルなどもそこではじめて食べました。

おいしかったです!!!

実はわたしカンボジアに行くまではきのこ類も、ジャスミン茶も、マンゴーも嫌いでした。

めっちゃ嫌いでした。でも、カンボジアでのそれらがおいしすぎて一気に好きになりました。

日本で食べられなかったものがカンボジアに行ったら食べれるようになった。

たった7日間で。それだけでも私の人生にとっては大きな収穫でした。

 

友達がたくさんできた!

ひとりで参加しましたが、帰国する時には友人が20人できていました。

関西のひとも多くて、みんな私より年上でしたがみんな仲良くしてくれました。

あれから7年、一度もあっていない人もいるのですがいまだに連絡を取っている人もいます。

たった7日間一緒にいただけなのに、7年後の今もつながることができていることがうれしい。

本当に参加してよかったと思っています。

 

日本に帰ってきてから考えたこと

 

わたし、日本めっちゃ好きじゃん

違うんです。

この見出しをみると、「なるほど、カンボジアよりやっぱ日本なんだね」って思われるかもしれません。

半分本当なのですが、半分違います。

カンボジアが大好きになって帰ってきました。

「I LOVE カンボジア!!!」って本気で思って帰ってきました。

今でもそれは変わっていません。

でも帰ってきたときに思ったのです。

私だいすきなカンボジアよりも日本のことを好きかもしれない。

日本のこと好きとか思ったことなかったけど、こんなにだいすきで愛を感じているカンボジアよりも日本のこと好きかもしれない。

そう思ったときに、自分が日本のこと実はめっちゃ好きだったことに気が付いたのです。

カンボジアを好きになったことで、日本への感情を知れました。不思議ですね。

 

「支援」は違う。「援助」も違う。幸せの共有だ。

援助って違うなあ。支援てことばも合わないな。

なんか押しつけがましく聞こえるのです。

もちろん経済的支援とかそういうのはいいと思うんです。

でもカンボジアを支援したい!!ってすごくアバウトで何をどう支援するの?されるほうは支援されることで豊かになるの?って今は思います。

だから簡単に「支援」とか「援助」っていう言葉を私は使いたくない。って思います。

「貧しい」ってなんだろうとか

「支援」「援助」って言葉は違うなって思ったときに私は何をしたいんだろうと思いました。

私は、現地の人たちと一緒に楽しく幸せになりたいんです。

もしなにか問題を抱えることがあるとするなら一緒に解決していきたい。

至らない私だけど、一緒に世の中を良くしていきたい。

そういうことでした。幸せの共有をしたいんだと思います。

 

だから、まずは私が幸せになろう

だから、まずは私が幸せになります。

人と一緒に何かをするときにこの人についていこうと思ってもらえるように私が幸せになりたい。と思います。

なので自分を不幸にしてまで現地になにかすることはしたくありません。

自分と現地が一緒にHAPPYになれる、そんな活動を私はしていこうと思います。

 

最後にひとこと

人を幸せにしたいなら、まずは自分から。