訓練所生活

★駒ヶ根訓練所info★〈もちもの編〉パッキングする際に参照してね!

もちもの準備どうしよう!

70日間何が必要で何が不要なのだろう!

駒ヶ根訓練所には何がどんな感じであるのだろう!

とお悩みのあなたに駒ヶ根訓練所infoです!もちものなどはほかの方のブログなどにもあるのでそちらを参照してもらうとして、

こちらのブログでは実際のところそれら持ってったところでどんな感じなの?の疑問を少しでも解消していってもらえればと思います!

 

課業・週末の洋服などの量

 

洋服は洗濯ができます!ということで本当に必要最低限でいいかと。

こだわるひとはたくさん持って行ってもいいのですが、たくさんもっていくのであればスーツもあるし靴も何種か持ってく必要があるので事前に段ボールで郵送するといいかも。

洗濯室というのがあって、無料で使える洗濯機がいくつかおいてあります。

人が集中しそうな日の集中しそうな時間帯以外は基本的に待つことなく使えました(ただ私の隊次の人数が少なかったからかもですが!)。

洗濯機の上にはいくつか乾燥機もありそれも使えます(でも一発じゃあんまり乾かないです!)。

洗濯室の中にはものほしエリアもあって、そこにハンガーや洗濯ばさみでつるせるようになっています。これはたまにせまいなーと思うことはあったのですが、居室にも干せますしそんなに心配はいらないかも。

洗濯をするのが嫌いでなければ、4日分くらいの洋服をもってきて週2,3くらいで洗濯する感じでいいのかなーと!

 

運動用の服の量

 

毎日体力維持(ラジオ体操&ランニングor体育委員のメニュー)があるので、汗かく人はたくさん中の服をもってきたほうがいいかな。

冬隊次だったし(洗濯してもすぐ乾く)、汗かいたら洗濯していたのでTシャツ3枚で足りました。(笑)

洗濯面倒だったり夏の場合だったら6、7枚くらいあるといいかもです。

あと運動する人は毎日課業後に運動していて(運動全然してこなかった私的には尊敬しかしない…)、みんなたくさん運動着(履くのも被るのも羽織るのも含めて)もってきていました。運動着の量で生活がわかるくらい自分の過ごし方と違って尊敬&尊敬だった。(笑)

 

洗濯セットなど

 

ハンガーと洗濯ばさみもっていったんですけど、いらないです!(笑)

洗濯室にたくさんハンガーあるし小さい洗濯ばさみもあるので下着くらいだったらそっちも干せます。

男性と女性の洗濯室は分かれていたので、気にならなければそこに下着を干してもいいかも。

私は自分の洗濯ばさみがあったので大きい洋服は洗濯室、小さいのは部屋に干していました。

もし荷物が重くなっちゃって何かもっていくのやめよう!と思ったら、洗濯セットは優先順位低くてもいい気がします。なきゃないでなんとかなりそうです!

洗剤や柔軟剤は洗濯たくさんする人は必要です。ていうか最低限の量はみんな必要と思うのですが、追加分は途中で買ってもいいので(販売にたまにくるのと、コンビニが近くにあります。あと30分くらいあるけばマツモトキヨシがあります)、

洋服沢山持っていく人は最初必要ないし、

あんまり洋服もっていかない人も最初の2回分くらいあれば最初の1週間で入手可能でしょう。

あってよかったのは洗濯ネットです!軽いしかさばらないから洗濯ネットはもってきてもいいかもです(まあこれも買えますけどね)。

 

マグカップや水筒(タンブラー)など

 

マグカップ2つと水筒一つもっていったのですが、マグカップは1つしかつかいませんでした。水筒は結構使いました。

というのも、居室や談話室でしかマグカップはつかいません。

講堂での講義中はマグカップNGです。蓋のついているペットボトルや水筒、タンブラーなどはOKなのでみんなタンブラーなどをつかっていました。

また、私の語学クラスにもマグカップは置いてあったので自分のは必要なかったです。

居室から語学クラスと講堂のある研修棟までは距離があるし、研修棟でいろいろするときにタンブラーや水筒を使う予定の人はマグカップは1つでいいかな。必要だったら駅近くの100円ショップで買ってもいいし!

私は最終的に

マグカップ1つ(主に居室と談話室で。使用率60%)

水筒1つ(主に講堂での課業中。使用率30%)

駒ヶ根の100均で買ったちょっとしたタンブラー1つ(使用率10%)

を使って生活していました。

ドライヤー

 

女性はあるといいかも!

というのも、お風呂に5つくらいドライヤー置いてあるんですけど、そのうち2つが風力的に問題ないやつでそのほかのやつはちょっと弱めなので私は自分の持ってきてよかったなあという感じです。

ただ一度に使えるドライヤー自体がまず3つまでなのですけどね。

自分のを持ってきていると、風力的に問題ない2つのドライヤーが使用中でも自分のドライヤーを使うことができるのでそういった場合おすすめです。

ピンポイントな情報で恐縮です。。

 

文房具など

 

基本は好きなものを好きなだけ!途中で買えます!

単語帳をつくるとか、まとめノートをつくるとか、語学勉強をイメージしてもちものを準備するといいかなと思います!

  • 鉛筆やシャーペン、消しゴム

テストで使うので必須です!

  • ファイル

必要と書いてあったのですが、私はそんなに必要ないかなーと。もし余裕あればポケットのたくさんあるファイルとか、クリアファイルとかいくつかあると良いかもです!

  • ノート

語学用のノート。A42冊もっていったのですが、途中でB5を1つ買い足しました。分けていろんなものを整理したくてだったので。これもお好みです。1冊だと足りないかもです(でも売ってますので心配はご無用です)。

  • はさみ

買い物とかするならあると良い!でも誰かしら持ってきているしスタッフルームでも借りれるから必要そうならで◎

 

あってよかったもの

 

課業用のカバン

タンブラーとかたくさんの教科書とかあるならそゆのあるほうがいいかなーという感じ。みんなリュックとか手提げとか持っていたので。

でもなきゃないで全然大丈夫です!

スリッパ

居室や談話室で過ごすことが多いので個人的にはスリッパあってよかったー!と思いました。

磁石つきのフック

ドアが金属なのでドアの内側につけることができます。IDや鍵などをそこに掛ければ忘れることもないのであって良かったなあと思います!

セーム(速乾タオル)

これはみんな持っていくんじゃない?と思うのですが、セームは本当にお世話になりますね。体拭いて絞って水を切れるので使ったことない人もぜひこの機会にもっていっては?

ウルトラライトダウンジャケット(冬季限定)

これなくして駒ヶ根の冬の訓練は乗り切れません!みんな着ていました。ユニクロ勢が強かったですがもちろんほかのブランドも含めてほぼみんな着ていました。

冬の駒ヶ根に行く人はあるといいですよー!

 

まとめ

今回はもちものリストというより、駒ヶ根訓練所で実際に過ごしてみてあったらよかったものとかこんな設備あったよ!というご紹介でした。

これを見ているということは訓練前の準備中でしょうか?

準備がんばってくださいねー!ぜひ訓練も楽しんできてください!