生き方・働き方

【退職は逃げではない】自分をHAPPYにするための選択肢の一つってどういうこと?

新卒で入社後、とあるメーカーに3年勤め退職しました。

退職にあたり様々に思うことがあり、また退職する際には、たくさんの人から様々なことを言われたり、その態度で語る人もいたり。

 

日本社会にはびこる「会社をやめること」に対するネガティブなイメージ。

長く勤めることを美徳とされるサラリーマンの人生。

 

本当にそうなのでしょうか?

日本社会の年功序列、終身雇用の今までの「常識」と、現代の早すぎる情報社会のはざまで、退職することが逃げだと言われて困っているもしくはあきらめている人が多いんじゃないかな。

 

「辞めること」は決してネガティブなものではなくて、

次の環境にステップアップする一つのスタートだと私は思っています。

 

「やめること」は「逃げ」なのか?

 

まずはじめに、会社を辞めることは「逃げ」ではありません

 

むしろ、「やめる」ということは、

「今よりもいい環境に行くこと」を志しています。

そしてそれは、とてもポジティブなことです。

 

人として生きていて次のステージに進みたい、もっとステップアップしたい、より良い環境で働きたい、自分に合った環境を探したい。そういう感情は当たり前で前向きな感情。

 

万が一「やめること」「今よりもいい環境に行くこと」を「逃げ」だというのであれば、

逃げましょう。

逃げてやりましょう。(´っ・ω・)っ

 

例えば今、会社を辞めたくてもなかなかやめられなかったり、

周りに反対されていたりしていても、一度自分の人生を自分中心に考えてみて

 

自分がやりたいこと、自分が生きたい道を選ぶが吉です。

それは、私自身が退職を経験してとても感じたことでした。

「やめること」は「生きることだ」

 

「やめる」ということ。自分で「やめる」ことを選択すること。

それは今よりもっといい環境に行きたいという意思の表れです。

 

 

あなたのやめる理由はどれですか?

 

  • 「上司・先輩が嫌いだからやめたい」→今よりいい人間関係のところに行きたい
  • 「給料が低いからやめたい」→今より豊かな生活をしたい
  • 「仕事が合わないからやめたい」→今より合う仕事をしたい
  • 「理不尽な仕事をしたくない」→今より納得しながら仕事をしたい
  • 「仕事がつまらないからやめたい」→今より楽しく仕事をしたい
  • 「ほかにやりたいことがある」→今よりやりたいことをやりたい
  • 「結婚・出産で仕事が続けられない」→結婚・出産という幸せを選択したい
  • 「組織が合わないからやめたい」→今より自由なフィールドに行きたい
  • 「ほかの場所で働きたいからやめたい」→海外で働いてみたい
  • 「会社が嫌いだからやめたい」→今より好きになれる会社で働きたい

いろいろな理由があると思います。

 

しかしながらすべてに共通するのは

今よりいい環境に行きたいということ

 

そんなにもポジティブな理由、だれが反対するのでしょう?

「今よりいい環境に行きたい」「楽しく生きたい」という自分の声を無視してまで、「やめない」という選択を無理にする必要はないのです。

「周りの人」はあなたの人生を保証してくれますか?

 

もしかしたら、会社をやめたいといったとき、周りの人がこんなことを言うかもしれません。

「もう少し考えてみたら?」

「いま辞めて迷惑にならないの?」

「ここで無理なら他行っても無理だよ」

「やめてどうするの?」

 

でも

そういう人たちはあなたの人生に責任をもってくれるのでしょうか?

そのままの環境にいてあなたが不幸と感じても、残念ながら誰も責任を取ってくれません。

環境をかえることは超ポジティブ!

 

環境を変えるって、生きるためにすること。

 

精神的にも身体的にも、もっといい環境にいきたいというのはもっと楽しく生きたいということでしょ?^^

 

楽しく生きたいから、環境を変える。

こんなにポジティブなことはありません!

 

最後にひとこと

 

誰のものでもない自分の人生、自分をHAPPYにできるのはあなた自身です!!

GOOD LUCK!!(*^^)v