スキルアップ

プレゼンテーション、上手になりたい≪訓練16日目の学び≫

今日は地域実践のプレゼンテーションを行うことになりました。

事前に得た情報をもとに他のグループに対して紹介するため、持ち時間3分というとても短いプレゼンテーション。

短い分、難しさもあったのですが。

 

声は震えるし、ピンライトを持つ手は震えるし、時間は30秒オーバー。

練習時間ほぼなしにしてはまあまあでしたが、自分が求めるプレゼンテーションからは程遠い。

 

人前にでること、

人前で考えながら話すこと、

自分の意見を過不足なくアウトプットすること、

聴衆へのつかみ。

 

軽視しているわけではないのですが、今回はたいそうなプレゼンテーションは求められている感じではありませんでした。

 

ただ、どんなプレゼンテーションであっても聴衆の時間をいただいている以上、

必要な情報をわかりやすく

時にはユーモアを交えながら

過不足なく伝えられる

そんなヒューマンになりたいですね。(笑)

 

ということで、今日はおわり。

 

今日の反省

「3分のプレゼンテーション」

  • 準備はしっかりが◎
  • 聴衆へのつかみを入れよう
  • 練習の段階で30秒の余裕を
  • 資料に動きがあるとGood
  • はじめに自己紹介をしよう
  • 聴衆の反応をみながらできるとPerfect!
  • たくさんの説明より、「間」と「視覚」と「キーワード」を優先的に

 

あとプレゼンをやった人間として下記のメモも。(笑)

参考

プレゼンテーターがプレゼンを行った後に実は求めていること!(笑)

プレゼンテーターへは「お疲れ様!」と声をかけるか、フィードバックを行ってあげると◎

やっぱり、なれないプレゼンテーションは疲れます。

自分のプレゼンわかりにくくなかったかな?

伝えたいこと伝わっているかな?

と不安になります。

よかったなーという感想とかわかりやすかったなーとか思ったら

そういうポジティブな感想はどしどし言ってあげてください。

ひとことあるだけで気持ちはとてもすくわれますので、(*^-^*)

 

本日もお疲れさまでした☆